腰痛が起きた時にはどのように対応すべきか?

腰痛を改善して健康な体に

腰痛が起きた時にはどのように対応すべきか?
日本では、三人に一人が大なり小なり腰痛に悩んでいるといいます。腰は体を支える重要な部分ですので、悪くすると健康な生活に支障をきたします。しかし、重要であるだけに酷使することもあり、ほかの部位よりも悪くしてしまうことが多いものです。ですから、できるだけ普段から予防を心がけ、腰を悪くしない生活を送りたいものです。腰痛の原因はたくさん考えられますが、病気によるものを除くと、多くは姿勢の悪さが原因であるものです。これは、腰や背中など体の筋肉が弱くなり、きちんと腰を支えることができていなかったり、腰に負担をかけることによって痛みを引きおこしているものです。現代では座った姿勢で長時間いることが多かったり、運動不足による筋力低下に陥っている人も多いので、腰痛に悩んでいる方は普段の生活を見直してみるとよいかもしれません。

私も腰痛に悩んでいたことがあったのですが、その原因は普段の姿勢の悪さにありました。猫背で前のめりの姿勢なうえ、体重を左右のどちらかに預けることが多かったため左右の筋力が不均衡になっていたのです。そのため腰に負担がかかり、痛みを引き起こしていました。はじめはマッサージや整体に通っていたのですが、どれも一時の効果しかなく、結局は普段の生活と自分の体を改善しなければ良くならないことに気づき、運動を始めた結果腰痛を改善することができました。運動といっても、いきなり全身に筋力をつけたり長時間走ったりというようなことはできません。腰の問題ですので、まずは体幹トレーニングから始めました。そうすると、腰痛の改善とともに肩や頭痛にも効果が表れ、どれだけ体が鈍っていたのかを感じることになりました。世の中には体幹トレーニングをテーマにした本はたくさん出ているので、自分に合ったものを初めて見ることをお勧めします。

Copyright (C)2018腰痛が起きた時にはどのように対応すべきか?.All rights reserved.