腰痛が起きた時にはどのように対応すべきか?

女性の健康と腰痛について

腰痛が起きた時にはどのように対応すべきか?
これまで腰が痛くなった経験のある人は、けっこういるのではないでしょうか。腰を打ったとか、くしゃみをした拍子にぎっくり腰になった、など原因がはっきりしている場合はまだ安心できますが、たいていの場合は自分で何がきっかけなのかわからないままということが多いそうです。もしも頻繁に起こったり、痛みが続くようでしたら、早めにお医者さんに行った方がいいと思います。一口に腰痛と言っても、原因はさまざまで、時には内臓の病気によって引き起こされていることもあるからです。重大な病気のシグナルかもしれないので、専門家に判断してもらったほうが無難です。健康を守るために、早めの受診をおすすめします。

特に女性だと、婦人科の症状から起こることが多いらしいです。特に子宮に関することが多いそうです。友人は月経のときに腰も痛くなっていたそうですが、毎回のことなので気にも留めず、婦人科検診をしてようやく子宮の病気だったこととそれによって腰痛が引き起こされていたことが判明したそうです。幸い大事には至りませんでしたが、そのままだったら危なかったと言われたそうです。また、腹部の痛みや月経痛が無くても、ダイレクトに腰に痛みが起こることもあるらしいので、本当に注意が必要だと思います。

そして女性の場合、更年期を迎えた頃に腰痛の危険性が大きくなるそうです。これはやはり子宮からの影響だそうです。更年期によって子宮の働きが衰えてくるために、起こりやすくなるのです。それを和らげるためには、できるだけリラックスして過ごすことが大事です。精神的に安定することにより、子宮の緊張も和らぐと以前婦人科の先生に言われました。女性と腰痛は繋がりが深いので、上手に付き合っていきたいと思います。

おすすめ情報

Copyright (C)2018腰痛が起きた時にはどのように対応すべきか?.All rights reserved.