腰痛が起きた時にはどのように対応すべきか?

腰痛の原因。健康維持のためにも病院で検査を。

腰痛が起きた時にはどのように対応すべきか?
二足歩行で歩くようになった人間にとって、腰痛は、避けては通れない病気なのかもしれません。腰痛の原因にも、いろいろありますが、検査をしても原因が特定できないものも多くあります。ストレスから腰痛になったり、生活環境の変化から腰痛になる事もあるのです。ただ、自分は健康だと思っていても、体の、どこかで起きている病気のサインである場合もあるので、長く痛みが続く時や、激しい痛みを伴う時は、病院で検査をしてもらいましょう。

腰痛と聞くと、腰椎間板ヘルニアという病気を耳にした方は多いのではないでしょうか。椎間板の中にある、髄核と呼ばれるものが、外へ飛び出してしまっている状態の事を言います。腰痛の他にも、足が痺れたり、歩行が困難になってくる事もあります。また、高齢者に多く見られる、腰部脊柱管狭窄症という病気は、背骨にある脊柱管が狭くなり、神経が圧迫される事で、痛みなどの症状が出ます。他にも、腰痛には、内臓が原因のものもあります。この場合、どのような動作をしていても痛みがあるという特徴があるので注意が必要です。他の症状を伴う事もあります。腎臓や膀胱、胃腸などの健康を害している可能性もあるので、早急に病院で検査をするようにしましょう。女性なら、子宮ガンや、子宮内膜症の可能性もあります。いずれの場合にも、簡単に自己判断をするのは危険です。つい、後回しにしがちですが、気になる症状がある時は、時間を作ってでも、病院へ行くようにしましょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2018腰痛が起きた時にはどのように対応すべきか?.All rights reserved.