腰痛が起きた時にはどのように対応すべきか?

健康な生活を妨げる腰痛。その予防と対策について。

腰痛が起きた時にはどのように対応すべきか?
若い頃は腰痛などは全く自分には関係のない話だと思っていました。しかし三十代の半ば、ある朝起き上がろうとして突然襲って来た激しい痛み。そのまま再びベッドに倒れ込んだ私は、それが「ぎっくり腰」だということをその後病院に行ってから初めて知ったのです。ぎっくり腰って何か重い物を持ち上げようとしたり、変な姿勢を取ったりした時に起きるんじゃなかったっけ。普通はそう思いますよね。ですが現実にはぎっくり腰は私が経験したように、日常の何気ない動作で起きる事が多いようです。私の知人にも「くしゃみをした拍子に」とか「ちょっと背筋を伸ばそうとしたら」とかいった状況でぎっくり腰になった人がいます。そして困ったことに一度ぎっくり腰になると、その後腰痛を起こしやすくなるようなのです。私もその例にもれず、その時痛めた部分に繰り返し痛みが出るようになってしまいました。そして出産後痛みが慢性化し、「座骨神経痛」の診断が下されました。それから今に至るまで自分で考えうる限り様々な腰痛対策を施しながら頑張ってきたのです。

「腰」は肉月に「要」で表現される漢字ですよね。つまり人の身体の肝心要(かなめ)の箇所であるということです。同じように大切な部分である背骨も、腰から伸びています。私が定期的にお世話になっている整体の先生は、「どの部分の調子が悪くなっても、まず最初に調整すべきは腰だ」といつもおっしゃいます。腰痛になる原因はそれこそ千差万別。物理的な障害から、精神的なストレスまで実に幅広いことが原因で腰痛は現れます。それらすべてを取り除こうとするのは現実問題として不可能に近いと思います。ですから個人的に私が大切だと思うのは、まず腰を支える筋肉を鍛えること。腹筋や背筋といった筋肉が弱るとささいな衝撃でも腰を痛めやすくなります。それから普段から骨盤の歪みが酷くならないように注意することです。私は整体の先生から教わった「骨盤を太めのゴムで巻いて固定し、左右に数十回づつゆっくり回す」という運動を続けていますが、これは骨盤の歪みを自分で微調整できるのでおすすめです。そして自力ではどうしようもない状態になったら迷わずすぐ専門医に診てもらう事。こうしたことを心がけて生活すれば、多少の痛みがあっても生活に支障が出ることはないはずです。できるだけ長く健康な生活を送るためにも、腰を大切にしましょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2018腰痛が起きた時にはどのように対応すべきか?.All rights reserved.