腰痛が起きた時にはどのように対応すべきか?

腰痛が起きたときに健康的な対応

腰痛が起きた時にはどのように対応すべきか?
農作業が仕事であったときは、腰痛は一般的なものだったのかもしれません。田植えであったり、稲刈りであったり、同じ姿勢を続けることが多かったと思います。今はと言いますと、農作業においても機械化が進んでいます。何より農業をする人が少なくなっています。となると、それで悩んでいる人は少ないと思ってしまいます。現実には、多くの人が悩んでいるそうです。町中を見ると、整骨院がたくさんあるのがわかります。多くあるのは、利用する人が多いからでしょう。いろいろな目的が多いと思いますが、関節部分の痛みなどを解消するために行くことがあると思います。治療してもらって治ればよいですが、一時的に痛みが軽減するぐらいのことがあります。

現代人においては、座って仕事をすることが多くなっています。これが腰に負担をかけているようです。負担がかからない椅子であったり、負担がかかりにくい座り方がありますが、何故か多くの人は負担がかかる座り方をしてしまうようです。健康のために治すのであれば、まずは普段の座り方を変えるようにするのが良いでしょう。背筋は伸ばした状態のほうが良いです。伸ばし過ぎるよりお、自然に伸びた状態です。自然にS字になっている状態なら良いと思います。それが背中が出っ張っていたり、猫背の状態になっていたりすると負担になってしまいます。足についてもしっかりとつくようにしたほうが良いです。足をつけることによって、腰への負担が減ります。

もし痛みが強くなった時ですが、安静にするのが良いです。横になることができるのであれば横になります。立ったり、座ったりはいろいろな部分に負担がかかります。横になれば、その分負担を分散することが出来ます。横になった状態で、最も楽になるところを探します。右を上、下を上、うつ伏せなどがあります。最も楽な姿勢が最も負担がかからない状態になります。必要であれば、幹部を温めたりすることで改善を早めることが出来ます。

おすすめ情報

Copyright (C)2018腰痛が起きた時にはどのように対応すべきか?.All rights reserved.